Tel.:(072)469-5960
お電話がつながらない場合などには,こちらのページからのお問い合わせも可能です。
本人確認の点などから,お電話のみによる相談はいたしかねます。お手数ですが,ご予約の上,ご来所ください。
業務時間:
平日10:00〜17:00
予約受付:
平日8:00〜20:00,土日祝10:00〜17:00
お急ぎの場合は当日予約も可能です。業務の都合などにより,留守番電話での対応となる場合があります。
南海本線泉佐野駅からへ徒歩5分。
お車の場合は,国道26号線の市場交差点を泉佐野駅方面へ。
平日昼間30分無料の弁護士相談 泉佐野法律事務所
大きな地図で見る
泉佐野駅から泉佐野法律事務所への行き方
松源・メディカルモールから泉佐野法律事務所への行き方
住所:〒598-0012
大阪府泉佐野市高松東1-10-13

面会交流(面接交渉)

離婚すると,親権は片方の親が持つことになり,通常,親権者が子どもの世話をすることとなります(この場合の子どもの世話をする親を,「監護親」といいます。)。
そうした場合に,世話をしない側の親(「非監護親」といいます。)が子どもと面会して交流することを,面会交流といいます。

面会交流の条件を定めるには

任意での交渉によるほか,裁判所を介する調停手続により定めることも可能です。

定めた面会交流の条件を守らないとき

家庭裁判所で条件を定めたときは,家庭裁判所からの勧告手続のほか,間接強制手続も可能です。
調停・審判で定められた面会交流条項を守らない監護親へ賠償を命じた事例
調停や審判で面会交流に関する条件が定められたにもかかわらず面会交流を実施しなかった監護親に対して,面会交流の拒絶に正当な理由がないとして,70万円の支払いを命じた事例があります(横浜地判H21.7.8家月63-3-95[控訴棄却])。